故人を見送るために

>

お別れの時の服装

悼む気持ちを表す服装を

通夜も葬儀も基本的には喪服です。
弔問客の立場の場合、通夜であれば、黒を基調としたカジュアルになりすぎない平服でも大丈夫です。
遺族は「喪に服する立場」であるため、通夜も喪服を着る必要があります。
通夜の場合、喪服を着ていくと「死を予期していた」として失礼になる場合があります。
事故死など突然亡くなられた場合はむしろ平服のほうが良いかもしれません。
大切なのは、故人への哀悼の意を表すことです。

平服の場合、男性は白いシャツ、黒いスーツに黒いネクタイを、女性は黒のスーツやワンピースを着用します。
どちらも光沢が少なく、ボタンや飾りの少ないシンプルなデザインのものを選び、女性はメイクを控えめにしましょう。
子供は学校の制服があれば、それが喪服と同じ役割を果たします。
無ければ大人と同じように、なるべくシンプルなデザインの服を選びます。

男性も注意アクセサリーや持ち物

アクセサリーは結婚指輪以外はなるべく控えます。
ですが、真珠や黒曜石、ブラックオニキスを失礼にならない程度に着けていくのは許される場合もあります。
この場合、ネックレスなら一連のものを、ピアスなら一粒のものを選ぶなど、出来る限り控えめなデザインのものを選ぶ配慮が必要です。
ネクタイピンは光沢があるものが多いので、使わないようにします。
特に男性は気をつけましょう。

そのほかに、鞄や靴といった小物にも注意点があります。
鞄も靴も、黒い金具が少なく光沢のないシンプルなものを使います。
持っていくハンカチも、派手でない白無地のものや、黒いフォーマルなものにします。
天気が悪く傘が必要な場合はやはり地味な色のものを持って行きます。
赤や黄色の傘よりは、ビニール傘のほうが失礼に当たらないでしょう。

数珠を持っていく時は、宗派に合わせた数珠が理想的ですが、用意できない場合は略式のものを持っていけば大丈夫です。


この記事をシェアする